『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン3は8月2日配信開始!

10人の芸人たちが、芸人のプライドを賭け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”

参加者10名、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルール。
笑ってしまいレッドカードが出たら即退場。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得できる。

松本人志『ドキュメンタル』 シーズン3の出演者は以下の通り

秋山竜次(ロバート)
岩橋良昌(プラス・マイナス)
春日俊彰(オードリー)
木下隆行(TKO)
くっきー(野性爆弾)
ケンドーコバヤシ
後藤輝基(フットボールアワー)
伊達みきお(サンドウィッチマン)
山本圭壱(極楽とんぼ)
レイザーラモンRG(レイザーラモン)

この出演者を見ただけでも期待が持てます。 どんどんボケ倒していくメンバーぞろいですものね。

今回追加のルールとして制限時間が残り90分になった時点で、ゾンビタイムというのもが導入されるらしいです。

すでに敗北した参加者が一時的ですがゲームに復帰して生き残っているメンバーに笑いを仕掛けることができて、生き残っているメンバー全員を笑わすことができた場合、
参加費が返還されるという新ルール。

これも今回が過去最高に面白くなるための仕掛けですよね?

やっぱりシーズン1、2は参加者が減るに従って、尻すぼみ感が否めなかったですからね。

ダウンタウンの松本人志もドキュメンタルたるは実験を言っていた通り、過去でダメだった点はしっかり検証して、次に繋げてきてますよね。

だから、シーズン1より2の方が面白かったし、全体的なレビューも良くなってきてましたから。

頭の悪いカスが書いているカスタマーレビューに従ってつまんない番組にはしてほしくないですが。だったら地上波と変わらないですからね。

ただ、やはり独りよがりではない部分も今回の新ルールに現れているかなと思います。

レビューでも多かったのがやっぱり、終盤に行くに従って、メンバーが減ってくるとどうしても笑の量が減ってくるというのは今までのルール上仕方なかったですからね。

参加者が抜けていくというのはやめてほしいというのもあったけれども、そういうふうにはせずに、ゾンビタイムのような仕掛けをしてくるのはさすがの一言。

とは言え、まだ見ていないので、どうなるかわかりませんが。笑

とにかく8月2日になったら即効みようと思います!

【予告動画】松本人志『ドキュメンタル』 シーズン3 | Amazon プライム・ビデオ

水谷あおい - エッチな美女お届けします

清純派美女の水谷あおいちゃん、実はとってもエッチが大好き! そんなドスケベ美女を移動中の車内で手マンやおもちゃで感度をアップさせると、エッチなあおいちゃんは勃起中のちんぽをしゃぶりあげごっくんしちゃいます! エロエロモードMAXの状態で、あおいちゃんを素人男性宅にお届けしちゃいます。今すぐヤリたいムラムラ状態のあおいちゃんは素人宅に着くや否や男を腰で壁ドンし濃厚キス、そして男のパンツをずらし即フェラ。あおいちゃんのフェラテクで我慢限界の素人さんを寸止めし「まだいっちゃダメですよ」と小悪魔のように笑うあおいちゃん、かわいすぎ!

エッチな美女お届けします

今日は水谷あおいちゃんでオナニー

おっとりとした喋り口、外見は清純派なのにめちゃめちゃドスケベというギャップに興奮します。

裏筋から金玉まで丁寧にしゃぶる車内フェラもエロくて見応えありますが、素人宅に入るやいなや、いやらしい表情でキス、ジーパンを下げてすぐに肉棒にむしゃぶりつく様はここだけで僕のチンポは暴発w

フィニッシュは中出しからお掃除フェラ。

特に長時間する丁寧なお掃除フェラと精液が溢れ出る中出したオマンコのどアップは最高です。

HEY動画で単品販売でも購入できますよ!

メールアドレスを登録するだけで確実に「1万円」がもらえる!

下のバナーをクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA