【ひろゆきユーチューブ】ベーシックインカム反対派に反対してみた

ひろゆき ユーチューブ.jpg

こちらのユーチューブ動画内にて、反対派の方の意見として大きく2つありました。

1:社会保障としてお金を上げるよりも仕事を作りましょうという意見。

2:ただでお金をもらっているだけでは、社会から排除されるという意見。

 

 

1,について反論してみます。

これはそもそも論として無理があると思います。AIの発達により、ロボットがこれからどんどん労働市場に登場していくくるはずだからです。

経営者としては、人とロボットのどちらでもできる仕事であれば、人を雇うよりもロボットを使うようになるはずです。

なぜなら、ロボットは病気は風邪で休むこともない。24時間働いてくれて文句も言わない。賃上げ要求、労働条件改善といった労働組合のような面倒な問題もない、

コストダウンが図れるのでしたら、経営者は人とロボットどちらを使うとなれば経営者目線で言えば断然ロボットになるでしょう。

つまり、仕事を作るという事自体、これからどんどん厳しくなっていくわけです。

仕事を作るのが無理というよりは、AIの発達により人を雇用するということが確実に減っていくはずだからです。

数年後に無くなる職業ランキングなどありますが、確かに、なくなる職業があるとともに、新しい需要、職業が生まれると思いますが、雇用は確実に減る方向に行くはずです。

 

2,について反論してみます。

これは既存の価値観に縛られすぎではないでしょうか?

確かに現在は、仕事をすることが社会参加しているというふうに多くの人が思っていると思います。

キャリアウーマンとしてバリバリ働いていた女性が、結婚を機に専業主婦になった。

出産を機に仕事を辞めざるをえなくなったときに、社会から阻害されている感じがするという感想をよく耳にしますよね。

ただ、社会参加は仕事だけではありません。

地域のコミュニティあったり、ボランティアなどでも社会参加できるでしょう。

ベーシックインカムによって生活が保障されれば、こういった方面の参加に拍車がかかるのではないでしょうか?

であるならば、今の価値観である仕事をしていないと社会参加していることにならないという、そういった価値観そのものが変わっていくのではないでしょうか。

メールアドレスを登録するだけで確実に「1万円」がもらえる!

下のバナーをクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA